45歳男性 父の仕事場整理で悪徳業者に騙されました。

45歳男性です。
私の父が亡くなったときのお話しをさせていただきます。
5年前の話になります。
その頃祖母、父と二人が同時期に脳梗塞で特別養護老人ホームに入って貰っていました。

ご自宅で介護されている方からすれば、その負担は無いと言っていい程だと思うのですが、母も身体が元々弱く、自分一人で成し遂げなくてはならず、プレッシャーはかなりかかっておりました。

夜勤をしておりまして、夜勤前、夜勤後に顔を出して洗濯物を替えたり、先生と今後の打ち合わせをしたり、父は話が出来ない程だったのですが、祖母はまだ軽度だったのでお相手をしたり…

母も身体が弱いので、少し寝て病院や整骨院に連れて行ったり、日々の買い物に付き合ったり…

そんな状況だったので、バツイチな私は再婚の機会も逃しました。

日々会社と病院やホームを回り、家事も手伝いもして疲れていましたが、何とかみんなが笑顔でいれたら、と頑張っておりました。

そんな毎日で、自分も疲れが慢性化し、先の事を考える余裕がありませんでした。

いや、最悪の事態の事は考えない様にしていたんですね。
亡くなった時の事を考えることから逃げていました。

父が好きだった力道山の写真をアレンジしたリハビリ用の五十音表を作ったり、ノートパソコンでYouTubeで力道山のプロレスの試合を見せたりして、気を紛らわして、逃げていました。

皆さん、遺品整理の業者やお葬式をどこでするかなどは、事前によく調べて決めておくことをお勧めします。

何も考えず、逃げてばかりいた大馬鹿者の私の場合、お葬式会場さえも決めておらず、父の亡骸を横にパニック状態で非常に焦りながら葬儀会社を探し始めました。

母も力無くベットの父の名前が書いた名札をなぞっていたり、精神状態が不安定な状態でした。

お葬式のお話は今回は趣旨に合わないので、割愛させていただきますね。

さて問題は父の仕事場です。
詳しい場所は伏せますが、市内に事務所を構えておりましたので、引き払わなければなりません。

前述した通り、お葬式の事も考えていなかった私ですので、ご想像通り非常に困り果てました。

ネットで調べても何を決め手にして良いのか分からず、どこも胡散臭い様な気がしてきます。

結局は自宅のポストに入ってあったチラシの業者さんに頼みました。
これも何かの縁ではないか、くらいの軽い気持ちで電話してしまいました。

父の訃報を、仲の良かった祖母に伝えるべきか、知ってしまったら祖母も気を落として体調を崩してしまわないか…
などお葬式が終わってからも、何かと問題は山積みな私は、信頼のおける業者かどうかも調べず、決めてしまいました。
又考える事から逃げてしまった事を後悔しております。

1週間程した頃、事務所の大家さんから電話がかかってきました。

「部屋の片付けはどうしますか?」

目の前が真っ暗になりました。
事の経緯を説明して、私からも勿論ですが、大家さんからもその業者に連絡をする運びとなりました。

しかし事すでに遅く、連絡はつきませんでした。
よく見ると領収書に収入印紙も貼っていません。

30万円騙されました。

怒りはおきませんでした。
悲しさだけが降り積もり、どんどんと重くなり、自分を責めました。

警察にも被害届を出しましたが、未だに解決のめどは立っておりません。

結局は大家さんの紹介の業者さんに頼み、さらに30万円程支払う羽目になりました。

遺品整理を業者さんに頼む時は、誰かの紹介が1番です。お勤めの会社の方や、ご友人、親戚、地域の方、恥を忍んで相談されることをお勧めします。

私の様な方は中々居ないと思いますが、辛い中でしょうが、事前事前の準備をして下さい。

これをご覧の方には、私の二の舞を踏んで欲しくはありません。

優しい気持ちで故人を見送りたいですからね。

では長々と失礼いたしました。